daisy NEWS 芸能やイベントなど気になるニュースを紹介

健康

嗜好品外来とは!?保険適用?コレステロールや高血圧に悩む方は注目!

更新日:

スポンサーリンク

お菓子やお酒など、体に悪いから控えたいけどやめられない。という方は多いのでは。好きなものはやめたくないですよね。それがストレス発散という方もいらっしゃるでしょう。そんなお菓子やお酒などの嗜好品を活用して健康になろう!という新しい考え方の外来が実はあるんです。それが埼玉県戸田市にある戸田中央総合病院です。12月14日放送のTBS系「ビビット」でも特集されていました。今回は番組の放送内容をもとに、嗜好品外来とは!?について、ご紹介します。
戸田中央総合病院HPより引用)

嗜好品外来

「健康寿命」という言葉を最近よく聞きます。寿命とは、寝たきりでも生きてさえいれば、それが寿命に入ります。健康寿命は、健康体で生きている年数を伸ばそうと言う考えです。好きなものをやめずに、健康寿命が伸びるのであれば、こんなにいいことはないですよね!

スポンサーリンク

 

番組が取材中に来院した、血液が高い70代の患者さん。血圧が高いと動脈硬化や脳卒中、心臓病などの恐れがあるそうです。これを嗜好品外来ではどのように解消するのでしょうか?まず問診票で、患者さんが現在食べている食品について記入します。お菓子やアルコールはその種類まで詳しく記入。それをもとに、医師の方がアドバイスをします。例えばチョコレートの中であれば、ダークチョコレートがいいそうです。ポリフェノールを豊富に含んでいるので血圧を下げる効果が期待できるそうです。カカオ分が70%以上のもので1日20グラム程度目安とのこと。

チョコレートが嫌いで、ワインが好きな患者さんには、「クルミなどのナッツを食べながら赤ワインを楽しむのが良い。」と言うアドバイスをしていました。赤ワインはポリフェノールが豊富に含まれ、動脈硬化予防に良いと言うことでした。くるみは体内でオメガ3脂肪酸に変換されるので、こちらも血圧を下げたり動脈硬化を予防する効果が見込めると言うことです。このように、健康効果が高い嗜好品を摂取することによって、大病を未然に防ぐことができるそうです。患者さんの普段の食生活に沿ったアドバイスをするのがとっても印象的でした。「健康のために嫌いなものを食べて下さい」ではなく、好きな食品の中でこれを食べたほうがいい。こんな食べ合わせが良い。とアドバイスをしてもらえるので、楽しく取り組めそうですよね。楽しみながらやることで長く続けられるのが最大のメリットということです。そして嬉しいことに保険適用内なのです!!楽しく健康寿命、伸ばしたいですね。

スポンサーリンク

-健康

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.