daisy NEWS 芸能やイベントなど気になるニュースを紹介

芸能

ロシアン佐藤モモノフだった!会社役員で社員給料を稼ぐ大食い動画収入額に唖然

更新日:

スポンサーリンク

3月9日放送「なぜソッチ選んだの?」に、大食いのフードファイターで知られるロシアン佐藤が出演した。実はIT会社の役員として、社員を雇っている。また、彼氏と同棲中なことや、ももクロファンということもTwitterで話題になっている。社員の給料を払えるだけ稼げる動画配信料とは?彼氏はどんな人?

大食い動画だけで月300万以上を稼ぐ

年始の大食い番組以外、あまり見ることはないが、実は会社の役員。友人とIT系の会社を立ち上げ、6人の社員を雇っている。

主な収入は動画配信で。その内容は、やっぱり大食い。ロシアン佐藤さんがひたすら大食いをするという動画だが、チャンネル登録人数は25万人以上。特に女性に人気だという。


Youtubeで動画配信だけで会社は継続できるのか?

YouTubeの規約で、金額は言えないそうだが、6人の従業員の給料をまかなえるほどということは、人件費だけでも少なくとも月200万以上。自身の給料、賃料や光熱費など合わせて300万以上は収入を得ているのでは。

一ヶ月の食費は20万円

いつもランチは同僚と行くというが、これにも理由が。

佐藤さんが頼んだのは、カレー1品だけ。「それだけ?」と肩透かしを食らうようだが、違った。スタッフに1000円を渡し、「これで頼めるだけライスを」と注文。ライスの大盛りは無料だが、それだけでは足りないらしい。ちなみに同僚も大盛りを注文。

総重量1.5キロのカレーを、なんと5分で完食。同僚が残したカレーも完食した。同僚は佐藤さんのために、食べきれない大盛りを頼むという。これが同僚と一緒にランチに行く理由だった。

フードファイトは内臓を使ったスポーツ

常に胃を大きく保つために、プライベートでもたくさん食べなければいけないそうで、ランチも常にトレーニング。一ヶ月の食費は20万円ということ。

取材中も「食べながらでいいですか?」と、フランスパンを取り出す。噛む力を強めるために、フランスパンがいいのだという。

「食を楽しむのとフードファイトは全く違う。フードファイトは内臓を使ったスポーツ。」と、佐藤さんは言う。確かに、全く楽しそうに食べていないし、なんだか応援したくなる。

同棲中の彼氏は山口さん

夕食は自炊が多く、この日も買い物をして帰宅。豚肉1キロなど、4,000円分をお買い上げ。

ちなみに現在彼氏と同棲中。帰宅した彼氏は山口さん30歳。一般の会社員ということで、とっても優しそうな人だった。

お米は30キロの業務用サイズ。農家をやっている実家から送ってもらっている。一食で食べるお米は7合以上。量が多すぎて、手で研ぐのは疲れるので泡だて器を使っている。

スポンサーリンク

この日の夕食は生姜焼きやサラダなど5品。お茶碗は普段から大きな丼を愛用。ご飯を丸ごと飲み込み、喉を鍛える訓練をしているという。そんな佐藤さんがずっと見つめる彼氏。彼女が大食いってどんな気分だろう。

賞金100万円のメガ盛りラーメンに挑戦

高田馬場にあるラーメン店「裏表」で、メガ盛りラーメンに挑戦するといいお店へ。

ラーメン「裏表」HP

麺4玉、もやし4キロ、唐揚げ1キロ、総重量6キロ!!税込3,000円。

制限時間は20分。女性フードファイターで成功者は無し。

すごく熱いこのラーメン。店主は内臓熱中症になる可能性もあると言う。

まずは戦略を立てる。

1.唐揚げを別皿に移し、熱を冷ます
2.麺が見えたら麺を食べる
3.残ったスープに唐揚げを入れてスープを覚ます
4.麺が5分で食べ、残り15分で残りを完食する

ついにメガ盛りラーメンに挑戦!

作戦通り、唐揚げを別皿に移し、4キロのもやしを平らげていく。大量の汗を流しながら、ラーメンをすする姿はもはや感動を誘う。

そして、完食。

その記録は。。。。。。

 

27分50秒。

 

完食したものの、制限時間内には食べきることができなかった。

 

実はももクロファン

佐藤さんのパソコンにももクロのステッカーが貼ってあったことから、モノノフということが判明した。モノノフとは、ももいろクローバーZのファンという意味。

『モノノフ』の解説

モノノフとは本来、武勇をもって主君に仕え、戦陣に立つ武人(武士)を意味するが、これとは別にアイドルグループももいろクローバーZのファン、ももいろクローバーZのライブの観客を指しても用いられる。
2010年、ももいろクローバーZが『ピンキージョーンズ(2ndシングル)』発売時、圧倒的な人気を誇っていた女性アイドルグループAKB48に対して下克上を表明、『アイドル桶狭間 池袋の陣~いざサンシャイン~』と銘打った発売記念イベントを企画(当日、メンバーは甲冑姿で登場)。そのイベント呼びかけの「ファンの皆さんは鎌倉時代のモノノフです」というセリフがファンをモノノフというキッカケとなった。更に翌2011年、1stアルバム『バトル アンド ロマンス』発売時には特典ライブのタイトルを『選ばれしモノノフの集い』とし、ももいろクローバーZのファン=モノノフがファンを中心に浸透した。

フードファイターという人生を選んだ理由

「私が大食い選手として出る前は、ギャル曽根ちゃんも出ていなくて、女性があまり食べることをよしとされていなかった。大食い女子は恥ずかしくないと言うような社会にしたかった。」

そんな思いから、大食いフードファイターの人生を選んだという。なんだかカッコ良い。

もえあずやギャル曽根に負けないフードファイターになってほしい。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.